空手未経験のお母さんでも空手の知識が丁寧に学べます

空手に呼吸法はなんで必要なの!?これを知らないとあなたは試合で勝てません

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは

空手ブロガーのめぐみ(@karateOlympic)です

 

いきなりですが、ひとつ質問です。

 

空手の呼吸法はなんで必要になるのか?

 

「何の為にやるんだろう?」

 

と疑問に思うことはありませんか?

 

呼吸法と聞くと、全身を引き締める集中力を高める

 

と思うかもしれませんが、他にも意味があるのです。

 

ではここから先は「空手に呼吸法はなんで必要なの」かについて紹介していきます。

 

これは空手だけに限ったことではありませんが、メリハリをつけた動きを出すためには呼吸が欠かせません。

 

そこで今回は「空手における呼吸法」について空手と呼吸の関係、呼吸法をマスターすることによってあなたのこれからの空手が驚く程上達する方法を紹介したいと思います。

 

あなたがもしこの記事を最後まで読まないとあなたはこれからの試合でライバルどころかこれまで負けたことのなかった選手に負けてしまうなんてこともありえます・・・

 

しかし、あなたがこの3分で読める記事を最後まで読んで下さるとこれから、初めて試合に出る。

 

ライバルに勝てずにずっと悩んでいる。

 

なんていう方は、次の試合で驚く程、身体が軽くなり、今までとは違う感じで試合をすることが出来ます。

 

では、試合で勝ちたいあなたは今すぐに見て見ましょう!

 

【スポンサーリンク】

呼吸のひとつで動きの質が高まる

まずはなんで空手に呼吸法が大切なのか。

 

空手に呼吸がどんな風に関連しているのか。

 

その重要性を説明したいと思います。

 

空手に必要な動きはメリハリとキレが大切であることは前回紹介したと思いますが

 

そのメリハリとキレを使い分け、スムーズに次の動作に移るために必要なのが呼吸法になります。

 

例えばこんな場面を想像をしてみて下さい。

 

なにもしない状態から、呼吸をせずに上段突きをしてみて下さい。

 

どうですか?

 

なんだか変な感じで肩に力が入ってしまいますよね?

 

これって、キレを出すことが出来ないので、動作が遅くなります。

 

なので、上段突きを出した時に、突きを出す瞬間に短く息を吐くことで突きにキレを出すことが出来るのです。

 

また試合で、相手に技を見破られてしまう場合などにこの「呼吸法」を使えば全身の力がとれ、

 

ぶれない動作を作ることができるので相手にバレずに、無駄な動作なく綺麗に動くことが出来るようになるでしょう。

 

空手で大事なのは、メリハリなので、動きと動きの合間に静止を作り、

 

そこから技を出すための動作を呼吸法によって作り上げるのです。

 

そうすることでメリハリをしっかりと出せてくるので型にもメリハリが一層増します。

 

このように呼吸を意識することで、「力んだり」「無駄な動き」を無くすことが出来ます。

 

そしてこの呼吸をマスターできれば静と動の動きをはっきりさせることができるので自ずと隠された力を発揮することもできるんです。

 

試合の前にも呼吸を整える

試合の前ってかなり緊張しますよね?

 

中には緊張をしないって方もいますが、大半の方は緊張をすると思います。

 

でも、毎日しっかり練習をしているになんで緊張をするのか不思議に思いませんか?

 

試合って雰囲気も違うし、周りからのプレッシャーもあり普段と違って「緊張をしてはいけない」と心のどこかで思うことにより緊張をしてしまうのではないかと思います。

 

私は極度の緊張症で試合前は、本当に誰とも話をしたくない程、緊張をするタイプで一点を見つめ集中力を高めるタイプでした。

 

緊張しすぎると、普段の動きが思い通りに出来ずに「苦い試合」「悔しい思い」をすることもあります。

 

そうならないようにするためには本番前に肯定系でイメージをするようにして深呼吸をして身体を落ち着かせることによって脳をリラックスさせる効果が出てくるので普段の動きを変わらずに出すことができるのではないかと思います。

 

今すぐできる呼吸の仕方

ここまでみてきてあなたは「呼吸」に対するイメージをどのようにお持ちになりましたでしょうか?

 

「試合で緊張をしてしまうので、次の試合で試してみます」と前向きにとらえて下さると嬉しいです。

 

しかし、「呼吸法なんかで変わらないよ」と思う方はここから先は読まないでください。

 

ここから先は本当に試合で勝ちたい人のみに効果がある内容となりますので、やる気のない、勝つ気がない人はすみません。

 

では、色々な動きに関係のある呼吸ですが、その呼吸が簡単に今日から出せるやり方を紹介します。

 

まず基本として呼吸の仕方は鼻から息を吸い口から出すことです。

 

良く、口呼吸をしている人がいますが空手の呼吸方法は「鼻から息を吸い口から出す」これが基本となります。

 

息を吐くときは口を「ふ」の口で3秒で吸い5秒で息を吐き切るイメージを持ってください。

 

とにかく細く出すことが重要となります。

 

道場の中にもいますが「は」の口で息を出しても全然効果がないのでやり方を間違えないでください。

 

 

また、止まった状態から動き出す時にはなるべく息継ぎをしない方が見ていると動きにメリハリを感じ、技に見栄えが出てきます。

 

なので呼吸をする時は動く合間に行って下さい。

 

このように呼吸のやり方を変えるだけで身体の動きや技にキレのある動作を加えることができるので特に、型の練習時は「呼吸」を意識して日々の練習に取りれて下さい。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は「空手に呼吸法はなんで必要なの?」かについて紹介しましたが呼吸がいかに大切であるか分かっていただけましたでしょうか?

 

私はこの呼吸の仕方を変えただけで、試合前にも緊張はしにくくなったしなによりも、気持ちに余裕が生まれるようになりました。

 

なので特に緊張しやすい人にはこの「呼吸方法」をマスターすることをお勧めします。

 

 

 

空手が驚くほど上達する方法

1つでも当てはまる方はいますぐLINEに登録をして下さい。

空手で勝てる方法や空手に必要なトレーニング方法などを紹介しています。

あなたがライバルに勝ちたいなら今すぐにです!!

Follow me!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© オンライン道場空手きんぐ , 2018 All Rights Reserved.

PAGE TOP