空手未経験のお母さんでも空手の知識が丁寧に学べます

まだ体が柔らかくならないストレッチをしてはいませんか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは

めぐ@丁寧な空手家育成教室(@karateOlympic)です。

 

空手が上達するには身体が固いといろいろ不便ですよね?

 

柔軟性が必要なのはあなたも、よく知っているとおもいます。

 

私も空手を始めたころは、めちゃくちゃ身体が固くて先生から「お前は空手に向いていないぞ」と言われるほど身体が固かったです。

 

まわりの同期が身体が柔らかくて羨ましいなと思っていたのを今でも覚えています。

 

でも、子供は、毎日ストレッチを行えばすぐに身体が柔らかくなるんですよ。

 

これってホントに羨ましいことです

 

ですから、身体が固い私も、柔軟性を保つために毎日ストレッチをしています。

 

今回は、身体が固くて開脚もまともにできない。

 

そんな方でも、無理をせず楽に毎日楽しく続けられる、ストレッチ法を紹介したいと思います。

 

まず、なんで空手の稽古の前にストレッチや体操をするのか?

 

あなたは考えたことがありますか?

 

「先生がやれと言っているからやっている」

 

「なんのためにしているのかな?」

 

即答できましたでしょうか?

 

ちょっと怪しいなって方もいるみたいなので、ここで、最初に柔軟がなんで必要なのか簡単に説明します。

 

これを知らないまま、ただなんとなくストレッチをしていても、何のためにストレッチするのか分からなくなってしまいます。

 

なんで必ず、ストレッチや体操をするのか?

 

それはケガをしないためです。

 

先生から『体が固いと怪我をするから」と言われたことはありませんか?

 

私はよく言われていました。

 

「身体が固いといつか大きな怪我をするぞ」と。

 

実際に稽古を始める前に、体操やストレッチをしないでいきなり稽古をすると、身体がなまっていていうことを効かないんですよね。

 

しかも、ストレッチなどをしないと筋肉痛になりますし……

 

実際に身体が硬いと無理な体勢になっていたり、筋肉痛を起こすという悪循環になってしまうんですよね。

 

なので、身体は柔らかい方が健康的にも有利なのです。

 

上段蹴りが簡単にあがる

 

ここで一つ試して欲しいことがあります。

 

そのまま立ったままの状態で足を思いっきり上にあげてみてください。

 

どこまで上がりましたでしょうか?

 

前蹴上げで自分の目線くらいまで上がれば言うことないです。

 

そうしたら、空手の足技は、中段蹴りから上段へ、上段回し蹴りから、後ろ上段回し蹴りなどいろんな技が使えるようになり、バリエーションが増えます

 

そうしたら、もっと空手は楽しくなりますよね?

 

なので、身体を柔らかくしていろいろな蹴りができるようにストレッチをやっていきましょう!

 

それでは次に、ストレッチの方法を説明いたしますね。

 

【スポンサーリンク】

 

風呂上がりに毎日ストレッチをする

これは道場の先生から毎回言われていたことなんですが、お風呂上りは、血行も良くなり、身体が非常に柔らかい状態になっています。

 

なので、柔らかい状態のまま、ストレッチをすると「え?こんなに柔らかかったか?」と思うほど、身体が柔らかくなっています。

 

また、筋肉も程よく伸びます

 

実際に体感をしていただきたいので、お風呂前にストレッチを軽くして、風呂上りにストレッチをしてみてください。

 

身体の伸びに差があるのを体感して頂けましたでしょうか?

 

ですから、蹴りをいち早くマスターしたいのであるならば、ストレッチは毎日絶対にお風呂上りにやりましょう!

 

これが、できないといつまでたっても、蹴りをマスターすることはできません。

 

身体が固い人必見!ストレッチ器具に頼ろう

テレビやYouTubeなどで、ストレッチのやり方を見ながら実際にストレッチをしていると思うんですが、正直言って、限界まで追い込めていますでしょうか?

 

もし、ここで自分自身に甘えがあると感じた方は今すぐに器具を購入して、しっかり自分を追い込んでストレッチをした方が10倍の効果がでます。

 

私も一人ですると手抜きをして回数をごまかしてしまうこともあるのでストレッチ器具を購入しました。

 

 

足がちょっと痛くなるのですが、一人でやるよりは効果的です!

 

床も傷つける心配もないし、中央のバーを引けば引くほど、股が割けそうになります

 

1人でストレッチをするよりあると便利な器具だと思います!

 

あなたは、普段の道場の稽古ではどんなストレッチをしていますか?

 

必ず股割りを行うと思います。

 

しかし、きつくて手抜きをしたりしてはいませんか?

 

ここで、手抜きをしてしまうとまじめにやっている子と1ヶ月で大きな差が開いてしまうので、周りの子に負けないように足がほぼ180度開脚できて、顎がつく状態を目指してください。

 

ですから、家でのストレッチも周りの子と差をつけるためには、股割りは欠かせません。

 

 寝ながらストレッチ

寝る前のほんの数分、横になって出来るエクササイズです。

 

 

無理せずゆっくり、呼吸を止めないようにして行いましょう。

 

最初はきついかも知れませんが、「もうここが限界」って場所で10秒間キープをしましょう。

 

毎日ストレッチをする

この毎日継続するのが非常に難しいことなのです。

 

ストレッチは、時々やるでは、効果がでにくいです。

 

せっかく身体が柔らかくなってきているのに、途中でやめてしまうと元に戻ってしまうのでまた固い身体に逆戻りしちゃいます。

 

なので、毎日しないとせっかくやってきたストレッチが台無しになり、また一からやり直しをしなければなりません。

 

これでは、いつまでたってもあなたが目指す理想の蹴りを手に入れるのがどんどん先送りになっちゃいます。

 

ですから、理想の蹴りを手に入れるためにも毎日ストレッチを行いましょう。

 

学校や飲み会。

 

稽古が終わり帰ってきてから、風呂に入ってからとか、疲れたときなどストレッチを行うのはしんどいですよね…..

 

私もできるならサボりたいです。

 

しかし、ここが大事なんです!

 

私は目につく場所に、毎日ストレッチをすると紙に書いて毎日忘れないように、自分にもいい聞かせています

 

ようは、継続することが大事なんですよね。

 

特に、ストレッチをしたからといって明日には「はい、開脚が90度できます!」ってことにはならないので、地道に継続してストレッチするしか近道はありません。

 

明日からやろう!

 

ではなくて『毎日継続をする』ことを意識して頑張って行きましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

空手で実際に蹴りに生きてくる柔軟性は、早くて1ヶ月くらい。

 

でも、1ヶ月で効果は出ないと思っておいてください。

 

なので、地道に、毎日コツコツと

①風呂上りに、ストレッチをする

②甘えてしまいそうなら、器具を使う。

③寝る前にストレッチをする。

 

という3点を守って頂きたいです。

 

空手の試合で勝ちたいのであれば柔軟性は必要です。

 

ですから、習慣化するまでの毎日はしんどいですけど、一緒に頑張ってストレッチをしていきましょう!

 

空手が驚くほど上達する方法

1つでも当てはまる方はいますぐLINEに登録をして下さい。

 

空手で勝てる方法や空手に必要なトレーニング方法などを紹介しています。

 

あなたがライバルに勝ちたいなら今すぐにです!!

Follow me!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© オンライン道場空手きんぐ , 2018 All Rights Reserved.

PAGE TOP