空手未経験のお母さんでも空手の知識が丁寧に学べます

今更聞けない恋愛における3つのアプローチ方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回は、ダイエット記事ではありませんが
少し機転を変えて普段語らない
「恋愛」について紹介しようと思います。

最近あなたは、「恋」をしていますか。
そろそろ冬も近し、
彼氏、彼女が欲しい時期ですよね。

そんなあなたは、気になる人や、
誰かに片思いをしていませんか。
好きな相手にどうやってアプローチを
すれば良いか悩んではいませんか?

せっかく好きな人が現われたのに、
自分の妄想の世界だけで
恋愛を楽しむのはもったいないと
思いませんか。

冬を向かえる前に自分から、
積極的にアプローチして
ぜひ、彼氏、彼女を作り冬を謳歌しましょう。

今回はそんな恋愛に奥手なあなたのために
恋愛を成功させる3つのアプローチ方法を
紹介します。

手ごろで簡単にできるLINE。

LINEはどのぐらいの頻度で送るのか
悩みませんか?

深夜遅くまで相手と連絡したり、
朝方早くに「おはよう」LINEをしたり。

時には連絡をし過ぎて、
「重い」と言われたり、

こんな経験をしたことはないですか。

正直、LINEを送るのは、
私は悩んでしまいます。

相手の都合もあるし、
相手にはなるべく迷惑は
かけられないと
思い遠慮をしてしまう。

手軽で送れるぶん、
悩むことも多いかと思います。

それと一番悩むのが電話です。

何を話したらいいのか
どんなことを聞いたらいいのかなど。

あなたは、電話をする時
悩んだりはしませんか。

私はどちらかと言うと、
相手の話に合わせそこから
話を広げるのが好きなので話題を
提供してくれる人とは
話が盛り上がるんですが、
そうじゃない人と話すと
どうしても話題で悩み上手く話せないって
ことがたたあります。

あなたは、どう言ったタイプですか。

では、LINEはどのぐらいの頻度で
送るのが良いのか、
電話で何を話すか、
デートですべきことなどを
解釈したいと思います。

端的に言えば、「お互いで話し合って」って
決めてと言うのが早いんですが、
そうもいかないと思うので簡単に説明します。

 

どうしてアプローチが重要なのか

アプローチの仕方が分からない?

こんな悩みを最近受けました。
恋愛って人から習うのでもなく、
学校でも教えてくれませんよね。

自分で経験値を上げていくことしか
できません。

自分からどんどん経験値を
上げていかなければ、
いつまでたってもアプローチの仕方は
わかりませんし、
習得はできないと思っています。

そして、男女どちらかが先にアプローチを
しなければ、2人はずっと平行線のままで、
友達以上の関係には発展しません。

想像してみて下さい。

もし好きな人があなたに好感を持って
いたとしたら
それにも関わらず、
やり方がわからないという理由で
アプローチをしない。

これでは、2人が恋人関係になることは
絶対にないですよね。

本当にそれでいいんですか。

あなたは、後悔しませんか。

人生一度の「恋愛」を成功させるために
一歩を踏み出してはみませんか。

「当たって砕けろ」という言葉がありますが
あなたの行動次第では、
「砕けずに成功」するかもしれませんよ。

相手からのアプローチを
ずっと待っているだけで過ぎていく毎日。
そんな毎日は、もう終わりにしませんか?

アプローチ方法で変わる男女の心境

少し恋愛から離れた角度から見て見ましょう。

あなたが個人でお店をしているとしましょう。

毎日さまざまなお客さんが訪れ、
いろんな物を購入していきます。

店先で「今日の夕食は何にしよう」
と悩んでるお客さんがいたとします。

あなたは迷わず
[speech_bubble type=”ln ” subtype=”L1″ icon=”girl.png” name=”あなた”] 今日は新鮮な野菜がありますよ。だから、今日の晩御飯はこの新鮮な野菜を使って簡単にお鍋でもどうですか?
[/speech_bubble]

といった風にお客さんごとに
売り込み方を変えますよね。

恋愛もこれと全く同じことが言えます。

お客さん=好きな相手とする。
売り込む=アプローチをする。

好きな相手に、あなた自身の魅力を
あなたなりに売り込み方をするんです。

「新鮮な野菜を買って良かった~
夕食が楽になった」と満足してもらえるか、
満足してもらえたら
そのアプローチは成功したと言うことになります。

この方法と同じようにして
好きな人の男心、
女心を逃すことなくしっかり掴んでください。

うまくいくもいかないかも
あなたの腕にかかっています。

恋に発展するかしないかは、
このアプローチに大きく
委ねられていると言っても
過言ではありません。

好きな人と結ばれるかどうかが
大きく左右される重要な分岐点です。

これから恋を成功させるアプローチ方法を
ご紹介しますが、

残念ながら
「絶対に失敗しないアプローチ方法」
というのはこの世の中には存在しません。

男性も女性もどのような感情を持つかは
人それぞれだし個性があります。

人に優しくされると、何か裏があるのでは?
と疑う人もいれば、
素直に嬉しいと思う人もいます。

でも、あなたには必殺の道具があります。

それは相手のことが
「好き」って思う気持ちです。

好きな人のことをいろいろ知れば

失敗を防止できるはずです。

あなたのお店の前を偶然通りかかった
お客さんではありませんよ。

では、今あなたが思いを寄せている
相手を想像しながら
恋愛を成功させる3つのアプローチ方法を
見ていきましょう。

始めにメール・LINE!

1. どのぐらいの頻度で連絡をすれば良いか

1日1回のLINEはしつこい?
頻繁に顔を合わせる関係であったとしても、
ぜひ連絡先の交換をしておくことを
おすすめします。

LINEやメールはアプローチの
マストアイテムです。

勇気を振り絞って連絡を交換して
仲良くはなったものの
どれぐらいの頻度で連絡すれば良いのか。

ここは一番悩みますよね。

見事、お付き合いすることになれば
始めは、2人のペースで良いのですが、

まだ、付き合う前であれば毎日は
送り過ぎだと思います。

最低、数日間に1度程度が良いのでは
ないでしょうか。

そしてこれが最も重要で一番難しい所です

連絡する時間帯もかなり大切です。

早朝や深夜はもってのほか。

仕事中や授業中に
電話が鳴ってしまうとまずいので
あれば昼間も控えた方が良いです。

昼休みや夕方など、
相手の都合が良く返信しやすい時間帯に
送るように心がけましょう。

※あくまでも個人的な意見なのでそこは、
相手としっかり話し合いをして

お互いが無理をしなくて、
お互いが納得のいくケースを作ってください。

2. 用事がないのに何気なく連絡するのはあり?

LINEやメールで一番大切なことは内容です。

何か大事な用件があれば、
その用件を書きますよね。

しかし、用事がないことの方が多いですよね。

用事がない場合でも、
用事や話題は必ず作って欲しいです。

でも、これは注意ですよ

間違っても「用事はないんだけど、
今日○○へ行ってすごく楽しかったよ」

といった自分本位の内容になるとまずいので
ここはしっかりと考えて送りましょう。

用事を作る方法は簡単です。

共通の他人や事柄を利用するのです。

学生の場合は、授業や行事について
教えてもらう、
同じ趣味を持っているのであれば
その情報について聞いたり
伝えるするなどです。

特に必要のない情報であっても
連絡をするための
口実にしてLINE・メールの話題に
持っていきましょう。

 

3.押してちょっと引くを繰り返す

「恋の駆け引き」はとても大切です。

恋の駆け引きとは、
・LINEの返信をあえてすぐにしない
・あえてそっけない態度をとってみる
・デートに誘われても1度は断るみる
などです。

※これは、人によっては不快な
気持ちにさせてしまったり

失敗に終わる可能性もあるので個人的には、
あまりおすすめできません。

代わりにおすすめしたいのが、
ちょっと押してちょっと引くを
繰り返すことです。

LINE・メールの頻度は押し過ぎず、
引きすぎない
絶妙のタイミングで送ること。

1度連絡したら直ぐに返事を返すのではなく
次の連絡まではちょっとだけ間を
あけてみるなどです。

複雑な駆け引きではなく、
相手の負担にならないように
ちょっと押してみたり
ちょっと引いてみたりして相手の反応を
伺ってみて下さい。

 

まとめ

今回は恋愛を成功させる3つの
アプローチ方法をご紹介しました。

恋愛の始まりの重要性をご説明しました。

好きな人にLINEや電話、
デートのお誘いをすることは
とても緊張するし、
勇気がいりますよね。

この一歩を踏み出してみませんか。

今日は3つのアプローチを紹介しましたが
次回もまた、アプローチ方法を紹介します。

ではこの辺で失礼します。

—————————————————————

【※※閲覧注意※※】

痩せられないと焦っている!?

☆めぐみとLINE友達になるにはこちら↓↓

→めぐみLINE (2クリックで登録できます)
ダイエットや恋愛についての質問や相談などを受け付けています。

友だち追加

Follow me!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© オンライン道場空手きんぐ , 2017 All Rights Reserved.

PAGE TOP