空手未経験のお母さんでも空手の知識が丁寧に学べます

空手の帯って洗って大丈夫なの?について答えてみる

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは

めぐ@丁寧な空手家育成教室(@karateOlympic)です。

空手を始めたばかり、あるいは長年空手をしていても迷うのが帯の扱い方について。

帯を洗濯するべきなのか?

 

それとも新しい帯を購入するべきなの?

 

そういった悩みを経験を交えながら紹介します。

【スポンサーリンク】

 

帯は洗うの?

基本的には、空手の帯は洗いません。

 

それはなぜかと言いますと、帯は武士の魂のような存在でもあります。

 

そんな、武士の魂のような存在でもある帯を洗濯機でぐるぐる洗いまわすのは礼節を重んじる空手道的にタブーという考え方もあります。

 

新しい帯をもらうと、帯が硬くてまともに巻けませんよね?

 

巻いてもすぐに緩くなる…

 

だからまた巻き直し。

 

先輩方にほどけないように帯の両端を引っ張ってもらっても練習をしているとほどけちゃう。

 

なんて経験をしたことはありませんか?

 

でも、帯はなんどもしめているうちにだんだん柔らかくなってくるので洗濯はしなくても大丈夫です。

 

早く帯を柔らかくしたい人にはこの方法をおすすめします。

 

 

帯の両端を持ちます。

 

もしくは、椅子などに結びます。

 

そして、そのうち一人が帯をねじります。

 

これだけでもだいぶ柔らかくなると思うので試してください!

 

逆に使い込んでいくうちに色が変わっていくので、それが努力の結晶だ!

 

と言う人も中にはいます。

 

とは言っても、汗を吸収している帯。

 

臭くなると、どうしても洗いたくなりますよね?

 

そういう場合は、手洗いをして日陰で干すようにしてください。

 

帯は買うのがいいの?

道場によりけりなのですが、基本的に帯を購入するのは、黒帯だけです。

 

中には、白帯を購入してくれとおっしゃる先生もいます。

 

それか、年齢が近いお子さんで最近帯の色が変わって帯が必要なくなったお子さんから、帯を借りるのもありです。

 

基本的には、空手の帯は黒帯だけは購入することになりますが、それ以外の色帯は基本的に道場の人に譲り受けるか、先生が何本も帯をもっているから、先生に借りる。

 

これが、王道だと思います。

 

道場によっては強制的に購入してくださいとお願いされる場合もありますが、帯をレンタルできる場合もあるそうなので、レンタルしてみるのも良いかなと思います。

 

審査は1年の間に数回ありますし、人によっては飛び級で、1年で2回ほど色が変わることもあるので、個人的には道場の先輩に譲ってもらうのがいいのかなと思います。

 

なので、色帯を購入する必要はないと思っています。

 

とは言っても、先生は帯を何本も持っていない。

 

親しい先輩もいないし、誰からも貸してもらえません。

 

って方もいらっしゃると思います。

 

そんな方には、一本数千円はしますが、お子さんの為にもご購入をされてはみませんか?

 

 

なので、確実に購入するのは黒帯だけと思っておいてください。

 

ほんとに、まれで茶色帯も購入しないと行けないってこともあります。

 

基本はこの茶色帯、黒帯になるので、それ以外は購入する必要がないなら特に購入する必要はありません。

 

審級をして使わなくなった帯の保管は?

帯を購入した場合、昇給した時の扱いには非常に困りますよね。

 

今まで汗水垂らしながら、お供してきた帯。

 

楽しい練習や辛い練習の時にも、身につけてきた帯。

 

頑張ってきた証拠になるので、捨てずに取っておきたいと思う人も多いでしょう。

 

あなは、どうですか?

 

捨てる派ですか?

 

それとも大事にとっておく派ですか?

 

私は、全ての帯の色は未だにとっています。

 

帯はかなり分厚いですから、丸めてどこかに閉まっておくのも良いですが、場所をとりますよね。

 

ご自身がもう必要ではない。

 

と感じた場合は、捨ててしまうか、メルカリなどのアプリで売るのもありなのかなと思います。

 

「せっかく買ったのに捨てるなんてもったいないよ!」と思うかもしれませんが、色帯は簡単にネットでも購入できます。

 

昇給してしまえばまずその帯を使うことはありません。

 

しかし、高校でも空手をするって決めてる方は話は別ですよ?

 

高校になるとまた白帯から再スタートとなるのでとっておくのもありですが、

帯の長さが足りず、帯が巻けないなんてこともあるので、絶対に保管しておかねばならないというわけではありません。

 

それに、大量の汗を吸収している帯なので、とっておいて久しぶりに帯をみると、カビがしていたなんてことも起こり得ます。

 

なので、あまりメリットはありません。

 

一番良い方法は、昇級して不要になった帯は道場に寄付する。

 

道場に寄付をしてくだされば、先生も助かります。

 

しかも帯はボロボロになるものでもないですし、先輩が使っていたから気持ち悪いと思う方も少ないのではないでしょうか?

 

むしろその先輩が全国レベルの選手で、先輩の魂が帯に入ってたとすると、帯を使いたくなりますよね?

これは、私の実話なんですが、小学生の時に、全国大会で優勝をした先輩の黒帯を借りて全国大会に出場したら、見事、ベスト8に入賞することができましたし、その先輩の帯を身につけているとその試合だけ毎回優勝するんですよね

 

それは、「気持ちのもちようだろ」と思われるかもしれませんが、それくらいが入っている帯だとしめたくなりますよね?

 

なので、帯は洗っても洗わなくてもどちらでも良いってことになります。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

有段者の黒帯は一時流行った、穴開きのジーパンのように生地がほつれて色落ちしてる方がカッコイイと見られる場合もあります。

 

ただしこれは黒帯の話であって、他の色帯で、ボロボロの帯をしていると

「あの子はいつまでも審級できない」と言う事になりかねないので、色帯の時は

なるべく、ボロボロの帯は避けてください。

 

帯を安く買うにはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© オンライン道場空手きんぐ , 2018 All Rights Reserved.