空手未経験のお母さんでも空手の知識が丁寧に学べます

練習を無駄にしないためにたった1つ意識すべきポイント

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは

めぐ@丁寧な空手家育成教室(@karateOlympic)です。

 

あなたが練習をするときに1回、1回の練習ってやっぱり無駄にしたくないと思いますよね?

 

例えば、今日形を10本全力で打ちました。

 

凄く後半は辛かったし、でも自分のなかで出来ていない部分を意識したり、課題をしっかりとこなしましたと。

 

でもその練習は力になっていなくて、水の泡になっちゃって消えてしまいました。

 

ってわかったら

「え?それってなにしてたんだろう?」とか

「全く意味がないじゃないですか」と思っちゃうかもしれません。

 

ただあなたがそういうふうな練習をしてしまっている可能性はもの凄くあります。

 

なんら特に空手歴が長い人ほど、そういったこと、そういった現象に陥ってしまっている可能性があるので、今回はこの記事をしっかり読み、そういうふにならないように。

 

もしなっていたとしてもこの記事によってあなたが脱出できるように刺激をしていきたいなと思います。

 

なので今回の記事をしっかり読んで頂ければ、1回、1回の練習を無駄にせず全部力にすることができるので、いわば効率よく力をつける事が出来ます。

 

1分、2分の組手の練習を永遠とあほみたいに何回も何回もして力をつけるんではなくて、もちろん1分、2分の組手の練習もしながら、でも組手のポイント練習や体力つくりをしながら、いろんな練習を上手くバランスよく取り入れて、それでそんなにめちゃくちゃく無理をしなくても力を付けられる空手の選手になるためにしっかり今回を読んで下さい。

練習を無駄にしないために何を意識すればいいのか?

本当に簡単なことです。

 

目の前の練習に目を向ける!!

 

これだけです。

 

目の前の練習に目を向けるというと「え?」って思われるかも知れないです。

 

「いやいや、目の前の練習に目を向けないと練習は出来なくないですか?」というふうに思われるかもしれないですけど、今回の「目の前の練習に目を向ける」って意味は、ちょっと違った視線っていうんですね。

 

違った視線ってわけでもないですね。

 

本当によくあるんですが、例えばじゃあ今日がジョギングで、明日が30キロ走だったとしましょう。

 

その時に、結構ですね、やっぱりある程度自分の練習の流れを持っている人、空手歴が長い人であればあるほど、今日の練習をちょっと手を抜いてでもセーブしようとか、手抜きが入ったりするんですよね

 

だから、明日の30キロ走のために今日の練習はちょっといいかなというふうにですね、悪い気持ちが出るんですよ。

 

これは本当に特にたくさん練習をしている人ほど、自分のことを振り返って欲しいんですよ。

 

「そういうことなかったかな」とか

 

「どうだったかな」とか

 

私自身もこういうことはありました。

 

特に自由組手を1時間とかいう練習だったりとかは本当に先生の目を盗んで

「適当に打ち込めばいいやろ」とか

「サボろうかな」とか思ったりしていた時期が正直ありました。

 

ただそれってトータルで見た時に、その一瞬はいいかもしれないです。

 

ただ、トータルで見た時にやっぱり力はつかないんですよね。

 

でいわばこういうことを積み重ねる人っていうのはやっぱり、大事な場面で力を発揮できなんですよね。

 

本当にそういうのって面白いんですよね。

 

でなんで今回、今の話しからいうとですね、目の前の練習に目を向けていないですよね。

 

今回の練習を2分間を50本。

 

明日が試合形式。

 

なのに2分間を50本に目を向けず、試合形式をみてしまっている!

 

こうなるとですねいわば、この2分間を50本。

これがほぼ無駄になるんですよね。

 

2分間を50本の練習もいわば、明日の試合形式の練習のための大事なひとつの練習なんです。

 

いわば力をつけることができる最高な練習なんですね。

 

にも関わらず、この2分間を50本を見捨てて、試合形式だけを見っちゃってしまっているんですね。

 

これって凄く多いです。

 

これは本当は違うんですね。

 

ちゃんと目の前の練習に目を向けないとダメなんですよ。

 

だから、小さな積み重ねですよね。

 

2分間を50本の中で明日は試合形式で、最高の動きだったりとか、今じゃあ悪い状態だったら少しでもいい状態にするにいは、今日どういうふな練習をすればいいのか。

 

明日に向けて「今」なにをすればいいのか。

 

これが重要です。

 

なのでここに目を向けます。

 

なので今目の前の練習に目を向けるってことですよね?

 

これがしっかりとできていればですね、あなたは本当にですね、1つ1つの練習が無駄にならないので、いわば2分間を50本して、これの力をつけて、さらに試合形式の力もつけることができる。

 

もしも、2分間を50本をせずに、試合形式だけの力を、試合形式だけでカバーしようと思った時よりも倍近く力がつけられたりとか意識てきに凄く、意識の高い選手になる。

 

そして、結果とかも出していけるような選手になります。

 

本当にこういう基本的なことなんですよねこういうのは。

 

やっぱり、1回1回仕事があったても目の前の仕事をしっかり捌ばかないといけない

 

空手であっても3分の試合だとすれば、3分間のきつさを見るのではなくて今、1分間は楽に体力が続く状態だったら、今の体力を見ないといけないのです。

 

さきを見越して、今の試合を考える

 

こういうことが練習になると、疎かになる人がものすごく多いんですよね。

 

今一度しっかり、あなたがどうなっているのか。

 

しっかりと自分の目の前の練習に目を向けていることができているのか。

 

しっかりみて欲しいんです。

 

こうやってこの記事とかでチェックすることは非常に大事です。

 

なので何も考えずに、「今の状態でいいや」と思って練習をするのは、成長がちょっと遅れます。

 

やっぱり確認だったりとか、新しいものを取り入れてみるだとか、新しい意識を入れてみるとか。

 

刺激っていうのは非常に大事なので今回のこの記事。

 

新たな刺激だったりとか、確認事項をして、しっかりと目の前の練習に目を向ける

 

そしてあなたが効率よく少ない練習でも力を付けられるようにやっていきましょう。

Follow me!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© オンライン道場空手きんぐ , 2018 All Rights Reserved.

PAGE TOP